【コラム】猪名川アラカルト第31回 ガムシのなかま:ヒメガムシ〔姫牙虫〕です!

川西市域・猪名川の自然と生きもの「人・くらし・自然」
環境省 環境カウンセラー 牛尾 巧

ガムシ類の幼虫は、成虫と異なりすべて肉食性で、小動物の捕食者です。成虫の食物は、デトリタスで、ガムシやコガタガムシのような大型種では、アオミドロのような藻類、クロモのような水生植物も摂食します。
呼吸に必要な空気の大半は上翅と腹部の間に蓄え、表面張力によって体の腹面に密生した細毛の間にも蓄えます。紹介するヒメガムシの体長は9~11mmくらいです。

名前の由来

成虫の胸部下に後方に向かって、1つの尖った突起があり、ケモノのキバ(牙)に例えて「牙虫」と呼ぶようになりました。