ひょうご地域安全まちづくり活動賞を受賞しました

                          川西防犯協会 明峰支部
支部長 石津 顕

川西防犯協会明峰支部が、ひょうご地域安全まちづくり推進協議会から活動賞を受賞しました。

先日2月6日(木)兵庫県公館で開催された地域安全まちづくりセミナーで、明峰支部が活動賞を受賞しました。
今回の表彰では兵庫県内で防犯活動を行っている個人4人と10団体が表彰されました。団体の受賞は、神戸市内の4防犯支部、姫路、尼崎、芦屋、高砂、小野、川西が各1支部、合計10団体の受賞で、県内の1000団体近くの防犯支部の中から選ばれての表彰で、非常に名誉ある受賞になりました。
表彰式では井戸兵庫県知事から一人一人握手で表彰盾をいただきました。

受賞理由は、地域内での登下校時パトロール、青パト巡回、防犯講習会の開催、広報誌・ホームページなどでの防犯情報の掲載、警察と連携した防犯キャンペーン、防犯カメラの活用などによる地域の安全安心への貢献が認められたものです。
防犯明峰支部は、明峰地区の長年の念願がかなって平成26年5月に設立されて満6年近く、川西防犯協会内の18支部で最も若い支部ですが、明峰コミュニティー、各自治会、防犯関係の皆様のご協力とご支援による結果の受賞で、皆様に深く感謝致します。
今回の表彰を機会に、地域内のさらなる防犯活動により、安全安心のまちづくりに貢献したいと思います。