明峰フェスティバル2019 大盛況のうちに終了しました!

前日の夕方まで降った雨で、グラウンドの準備が大変でしたが、フェスティバル当日はお天気も持ち直し、爽やかな秋空の下、明峰小学校のグラウンド及び体育館で明峰フェスティバルが開催されました。

SAKURAウィンドオーケストラの華やかなオープニング演奏に続き、横谷会長の開会のご挨拶でスタートします。
毎年ご出演頂いているSAKURAウィンドオーケストラの素晴らしい演奏や、明峰青少年空手道クラブの子ども達によるキリリとした演武が、観客の皆様の耳や目を楽しませて頂きました。

小さな子ども達や、親子で参加できる競技などは、見ていても微笑ましくてグラウンド中に笑顔と歓声があふれていました。

明峰小学校のグラウンドを使っての、運動会形式フェスティバルは3年ぶりということもあってか、自治会対抗の得点競技では、とても熱のこもった声援が飛び交っていました。

体育館では健康測定会が開催され、健康を気遣う多くの方々が、測定結果に一喜一憂しつつ、今後の自分自身の健康について考えるひとつのきっかけ作りの場となっていました。

グラウンドの一角では、各種団体による模擬店が開催され、オープン時から行列の出来る盛況ぶりでした。

すべての演技・競技が終了し、自治会対抗の得点競技の表彰式では、総合優勝に萩の里自治会、総合準優勝には鴬台自治会に横谷会長より、表彰状が授与されました。
閉会式終了後は、お待ちかねのお楽しみ抽選会です。
皆さんプログラムの抽選券手元控えを握りしめて、5等賞から順に読み上げられる名前にじっと耳を傾けて、名前が読み上げられる度に、あちこちで歓声が上がっていました。

およそ2,000名もの多くの皆様にお越しいただき、無事に明峰フェスティバルを開催することが出来ました。
ご来場くださった皆様、ありがとうございました。
関係してくださったすべての皆様、本当にお疲れさまでした。