『未来のまち、明峰』絵画のご紹介_⑥

明峰コミュニティ発足30 周年を記念した絵画コンテスト(2018年の夏に開催)

テーマ『未来のまち、明峰』~あったらいいな、こんな場所~

※学年は、2018年度時点での学年で掲載しています。

優秀賞「くもの町があったら⁈」

船津 歩望さん(小2)

作品の解説

小学校がくうこうで一人一人ひこうきがあってくもの町にいく。こんな町あったらいいな。

~ご応募された作品~

『はるかのケーキ屋さん』(佳作)

古谷 遥さん(年長)

私の夢はケーキ屋さん。おいしいケーキでみんなを笑顔にしたいな。幼稚園のお誕生日会にケーキをプレゼントするよ!

『ぼくのせかい』

徳永 湊さん(年長)

おうちのちかくにプールがあったらいいな。スライダーもいっぱいあって、ぼくのだいすきなアイスもうってるんだ。パパとママとたっくんといっしょにあそぶんだー。

 

『おかしのまち♡』

高野 葵さん(年長)

お菓子の街のおひめさまになりたいな♡お家もおかし、ベットはマシュマロ、雨の日には大きなキャンディーが降ってくるステキな街があったらいいな♡

『家のちかくにあったらいいな』

橋本 夜明さん(小2)

スーパーアスレチックレストランふんすい、みんながえがおになるばしょが家のちかくにあったらいいなとおもいました。

 

『自ぜんやとりのまちめいほう』(佳作)

内藤 の歩さん(小2)

自ぜんやとりがいっぱいいてほしいから

『全てがそろう町』(佳作)

村上 大翔さん(小5)

たくさんの店や公園もあるので楽しみもそろう町です。ビルの中にもお店があります。

※他の作品をご覧になりたい場合は、下のリンクをクリックしてください。
『未来のまち、明峰』絵画のご紹介_⑤< 絵画のご紹介⑥