『未来のまち、明峰』絵画のご紹介_③

明峰コミュニティ発足30 周年を記念した絵画コンテスト(2018年の夏に開催)

テーマ『未来のまち、明峰』~あったらいいな、こんな場所~

※学年は、2018年度時点での学年で掲載しています。

特別賞「とべ!オオムラサキ」

石津 大晴さん(年中)

作品の解説

準絶滅危惧種である国蝶オオムラサキが子ども達の手で守られ、オオムラサキが飛ぶ里山になりますように…という思いをこめて。

~ご応募された作品~

『ウサギの町あったらいいな♡』(佳作)

村田 愛夏さん(年長)

ここはウサギの町です。この町には映画館やウサギエレベーターがあります。動物が楽しく暮らせる町になればいいな♡

『秋のにじ』

谷 優花さん(年長)

 

『おかしのまち』(佳作)

宮澤 杏美さん(年長)

虹の道路に大好きなおかしやフルーツ、お花が咲いて、いつ行っても楽しい町をかきました。ふじがおかのバスは変わらず黄色で楽しそうな子どもの声が聞こえています。

『み来のちきゅう』

ふじた はるかさん(小2)

み来のちきゅうはどんなものかと考えて、このタイトルをおもいつきました。

 

『かわにしのまち』

さかもと あやめさん(小1)

目に見える大きいお家、車、道路をえがきました。

『明峰アスレチック』(佳作)

後藤 小雪さん(中2)

未来の明峰にアスレチックなど楽しい場所があったらいいなぁと思ったのでアスレチックにしました。

※他の作品をご覧になりたい場合は、下のリンクをクリックしてください。
『未来のまち、明峰』絵画のご紹介_② < 絵画のご紹介③< 絵画のご紹介④