講演会「身近な自然の大切さ~北雲雀きずきの森を子どもたちへ~」

里山の生物多様性保全と里山の再生に関する研究などを行っておられる服部先生。
私たちの地区に隣接した「きずきの森」について、そこにある意味、意義、またどのように守り育てていくのがいいのか?

きずきの森の素晴らしさについてお話いただきます。

講師プロフィール

服部 保先生

北摂里山大学学長、兵庫県立南但馬自然学校校長、川西市教育委員、兵庫県立大学名誉教授。
文科省ユネスコ国内委員、国交省河川委員、農水省森林委員、兵庫県等各種委員、宝塚市文化財審議会委員。専門分野は植物生態学、植生学など。

開催日時

●とき:2月25日(日) 10:00~12:00

●ところ:地域利用施設「雲雀丘倶楽部」ホール

●主催:コミュニティひばり・環境部会